ナカイの窓に出演した『えなこ』とは?月収が100万円?!コスプレ撮影にルールがある?!

0
1204
出典:http://lineblog.me/enakorin/

日本一のコスプレイヤー「えなこ」さんをご存じでしょうか?

コスプレイヤー(通称:レイヤー)とはアニメに登場するキャラクターの格好をしてコスプレを楽しむ人たちのことを指しますが、実は趣味の範囲を超えて、今ではプロのレイヤーが存在するのです。

プロのレイヤーの中でもトップに立っているのが『えなこ』さん。

そんな『えなこ』さんについてご紹介します。

えなこのプロフィール

ena
出典:http://instagrammernews.com/

 
本名:川橋つばさ (えなこ)
愛称:えなこりん
生年月日:1994年1月22日
血液型:A型
出身地:愛知県
 
2008年まだ14歳だった頃、
涼宮ハルヒの憂鬱やローゼンメイデンなどのアニメに夢中になり、
友人に誘われてコスプレを始めます。

そこからコスプレにはまり、2012年にはコスプレアイドルグループの「パナシェ!」のメンバーとして活動を開始します。

見た目のかわいさから人気が出るようになり、
現在では世界中のイベントでひっぱりだこになっています。

コスプレイヤーはどこで活躍するの?

レイヤーが活動する場所といえばコミックマーケット通称『コミケ』!

世界中でコスプレのイベントもありますが、やはり、コミケの規模が一番大きいところです。

コミケは世界最大の同人誌即売会で、個人製作によるアニメのグッズ
漫画、写真集などを販売するイベントです。

夏と冬の年2回開催されており、現在では3日間で59万人以上が参加しています。

アニメのグッズの販売の最大イベントですが、毎回コスプレの撮影会も同時に行っています。
コミケは毎年東京ビッグシティで開催されていますが、
コスプレ撮影会には専用のスペースが設けられています。

そこで、いろんな人にたちに見てもらいたいレイヤーたちがたくさんのカメラに囲まれて撮影されるのです。

コスプレの撮影にルールがある?!

ka

出典:https://kusokora.jp/

レイヤーを撮影するカメラ小僧(通称:カメコ)に対してさまざまなルールが存在します。

1、撮影方法
被写体を取り囲んだ撮影、撮影待ちの列を作る行為は禁止

2、撮影時間
10:00~15:00

3、撮影場所(東京ビッグシティ)
屋上展示場、女子更衣室前、男子更衣室前

4、赤枠内は立ち入り禁止

5、30cmの長さを超える物の持ち込み禁止

6、被写体の承諾を得てから撮影する

他にもルールがありますが、細かくルールが決められています。
基本的に撮影は1対1で行わないといけません。

つまり、他のカメコが撮影している場合は撮影してはいけないルールがあります。
しかし、撮影するカメコが増えすぎると一斉に撮影しても良いルールがあります。

ほとんどのカメコがルールを守っていますが、最近では悪質なカメコが登場しています。

レイヤーたちは注目を集めるため露出度の高いコスプレをするのですが、
そこを狙って下からきわどい所から撮影する人カメコがいます。

彼らはあらかじめタオルや帽子を用意して、撮影されても顔が写り込まないに対策まで行っています。

レイヤーたちを撮影する時はルールを守って撮影しましょう。

えなこの月収はいくら?

レイヤーの中でも日本一のえなこさんの月収が100万円以上!
1ステージで30万円~40万円もらうこともあります。

そして、コミケではグッズも販売しており、その売り上げが1000万円以上!!

レイヤーたちは想像以上に儲かっていた!

しかし、コスプレをするための衣装がすべて自費製作のため、値段が高い。

衣装は最低でも10万円以上、中には1着100万円を超えるものもあります。

えなこが今までに撮影したコスプレ

ena2
出典:https://twitter.com/idobataer/

ena3
出典:http://karakida.tumblr.com

ena4
出典:https://za.pinterest.com/

まとめ

現在、コスプレは日本の枠を超えて、世界中の人たちによって行われています。
日本の文化ではなく、世界の文化になりつつあります。

えなこさんのようなコスプレイヤーも続々と登場するでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

返事を書く